【危険?!】カロバイプラスで吐き気や下痢…副作用には注意して!

【危険?!】カロバイプラスで吐き気や下痢…副作用には注意して!

カロバイプラスのリアルな口コミを見てみると…吐き気や腹痛、下痢などの副作用を感じた人がいることがわかりました。

サプリメントでここまで副作用があるって正直少し怖いですよね。そこで今回は、カロバイプラスの副作用に関する情報をまとめてみました!

実際に副作用を感じた人はもちろんのこと、これからカロバイプラスを買おうとしている人も参考にしてみてくださいね!

 

カロバイプラスの実際の口コミでわかった副作用3つ

副作用①吐き気

副作用②腹痛

副作用③下痢

これだけの副作用の口コミがあると、「何か危険な成分が入ってるんじゃないの?」と不安になってきますよね。
そこで今回は、危険な成分についてもしっかり調べてみました!

 

カロバイプラスの危険な成分

カロバイプラスはダイエット食品なので副作用の心配はないと言われていますが、公式では「唯一食物アレルギーには気を付けて!」というアナウンスをしているようです。キトサンというカニ由来の成分が含まれているので、甲殻類アレルギーの人は注意した方が良さそうですね!

しかし、危険な成分がないのにも関わらず、先ほど紹介したような副作用の口コミがあるのは何故なのでしょうか。カロバイプラスに配合されている成分をチェックしてみました!

危険な成分①キトサン

カニ由来の成分であるキトサンには、コレステロールの吸収を抑えながらコレステロールと脂肪を身体の外に排出させるという働きがあります。しかし、カニ由来なので先ほど紹介したように甲殻類アレルギーの人はアレルギー症状が出る可能性があるので注意しましょう!また、コレステロールや脂肪を排出してくれるわけですから、便が緩くなったりもしそうですよね。

危険な成分②白インゲン豆抽出物

白インゲン豆には、タンパク質の吸収を抑えて体脂肪を付きにくくするという働きがあります。しかし、白インゲンを生の状態で食べすぎると下痢になる可能性があると言われているのです。カロバイプラスに加工された時点で生のインゲンではありませんが、体質によっては過敏に反応して副作用のような症状が出てしまう可能性も考えられます。

 

カロバイプラスで副作用が出た時の対処法

対処法①病院に行く

副作用が出た場合は我慢せずに病院に行きましょう。病院に行けば症状の原因もわかりますし、場合によってはカロバイプラスとは関係なく副作用のような症状が出た可能性も考えられます。

医師に相談するのが1番の近道なので、少しでも異変を感じたら早めに対処していきましょう!

 

対処法②返金保証を使う

カロバイプラスは以下の条件を満たしていれば30日間の返金保証制度を受けられます。

  • 注文から起算して30日以内に電話で返金保証を申し込むこと
  • 商品パッケージと返金保証申請シートを返送すること
  • 返送時にかかる送料や振込手数料は自分で負担すること

副作用が出た場合にはすぐに連絡することで購入回数に関係なく解約もできますから、早めに返金保証制度を活用していくと良いでしょう。
また、返金保証を受ける場合には商品パッケージと返金保証申請シートが必要になるので、30日以内は必ず保管しておきましょう!

CALOBYEお客様センター
電話番号 0570-058-239
受付時間 11:00~17:00(土日祝日はお休み)

 

対処法③フリマアプリで売る

私が調べた時(2018/10/01現在)では、1つ5,000円前後で販売されているカロバイプラスは売り切れになっているものが多かったです。公式サイトで定期購入すると2~4回目は6,480円、5回目以降は5,480円なので決してプラスにはなりませんが、それでも余ってしまったカロバイプラスが必要な人に譲れるので、商品が無駄になってしまうことはありません。

万が一、「副作用が出てカロバイプラスが余ってしまったけど、返金保証を使うのは面倒…」という場合はメルカリやラクマなどのフリマアプリでカロバイプラスを必要な人に譲ると良いでしょう♪

 

おわりに

カロバイプラスはサプリメントでありながら、珍しく副作用の口コミが多いという印象を受けました。サプリメントは食品とはいえ、必要な成分がギュッと凝縮されているので、当然合う合わないはあるでしょう。人気商品だからと言って油断せずに、自分の身体の様子をチェックしながらダイエットに役立てていけると良いですね♪

こちらの記事も
よく読まれてます

ページ上部へ戻る